顔料墨流し紙バンドは兎屋のプライドです

1:色褪せし難いです!(色付けに顔料を使用した一番の長所特徴です)

2:特別な墨流し加工による複雑模様(日本で1台しかない加工機を使用)

3:兎屋らしいスムーズな割き具合と割き面の少ない毛羽立ち

4:しっとりとした編み感触(従来の紙バンドとの違いが顕著です)

5:編み直しの時でも紙バンド強度が保たれ安心です

6:完成時、作品にハリと弾力性があり、完成度が上がります(素材的に)

7:完成時、模様の複雑から作品に特別感が得られます(顔料墨流し的に)

顔料墨流し紙バンドのお買い求めはこちらへ

1%erのお客さんへ

2002年春、兎屋を神奈川県藤沢市で始めた時から、編んでバッグにしたら面白いと思われる「不規則な連続模様」の紙バンドの事を考えていました。そして2006年夏、移住先の高知県で出会いがあり、考え続けていた「不規則×連続」が出来そうだという事になりました。試作を数回行い、親しいお客さんに試作品をお分けしながらご意見など伺っていました。

高知県をはなれ静岡県沼津市で兎屋を始めたのが2015年、その年は資金がなく動けませんでしたが、2016年秋に正式販売を4パターンで行いました。そして続く2017年も第2回顔料墨流し紙バンドを発売しました。

因みにこの「顔料墨流し紙バンド」は模様の複雑さがうりですが、実は、その編み心地も特別です。割いたり編んだりの作業の時に(!これはっ)って思われる事でしょう。この編み心地については兎屋も予想していませんでした。

2020年の新型コロナ禍のなか、こんな時こそ景気付けをしよう!という事で、例年4色発表の顔料墨流し紙バンドを、8色作りました。また山口県の作家さんが考案した紙バンドで作るパピーベアに顔料墨流し紙バンドを使って下さったお陰もあり、通年の倍の製造量にも関わらず、1か月半で売り切ってしまいました。その影響で初めて顔料墨流し紙バンドに触れて下さった方からの反響も頂く事が出来ました。

※🧸パピーベアの事はインスタグラムの「bandes_de_papier」でどうぞ♪

顔料墨流し紙バンドを作るのは手間が掛かります。という事は工程数が多い分、ロス率が上がるし値段にも影響します。つまりリスクが高いのです。でも同じような紙バンドばかりではつまらないと思う1%erさんは絶対にいらっしゃると信じ、兎屋が作るしかないと・・・・と言うか、実はこれ!楽しい仕事です♪面倒だけどお客さんがビックリしたり喜んで下さったり。紙バンドの仕事をしていて良かったなぁと思う瞬間ですね。


【顔料墨流し紙バンドの試作時代】

2012~2013 試作とランダムストライプ

顔料墨流し紙バンドのお買い求めはこちらへ