紙バンド手芸材料専門ショップ 兎屋

「兎屋」は、紙バンド手芸をもっと楽しんで頂きたいという思いで、手芸用紙バンドの品質向上を軸に様々なタイプの手芸用紙バンドを企画・開発し、多彩で高品質な手芸用紙バンドをお客さんに提供しています。

メイン商品は「コレクションカラー紙バンド」です。

一般的なカラー紙バンドは愛媛県の紙を使い静岡県や海外で紙バンド加工していますが、兎屋は紙を求めて高知県に移住し、出会った奇跡の製紙会社と一緒に強靭な「手芸用紙バンド用原紙」を開発しました。そして愛媛県の紙加工会社で紙バンドにしています。強靭な紙!という事は加工に厳しい条件を課す事が可能で、おかげで高品質の手芸用紙バンド「コレクションカラー紙バンド」が生産出来るのです。

外見だけでは品質がどうなのか?わかりにくい紙バンドですが、コレクションカラー紙バンドは手に取って編んで下さると「成程!」と思って頂けます。割き易く毛羽立ちの少ない張りのある兎屋コレクションカラー紙バンドをお試し下さい。

兎屋コレクションカラー紙バンドのお買い求めはこちらへ

兎屋フリーレシピ(目次)へはこちらをクリックして下さい。

兎屋ストライプカラー紙バンドのお買い求めはこちらへ

マーブル紙バンド

不連続模様の紙バンドを作れないものか?兎屋創業時からその考えに取りつかれていましたが、どうしても規則性が出てしまいます。それでも「カラフルで不連続模様の手芸用紙バンドを作りたいぞ」と思っていました。そして2009年、試しにいくつか作って見ました。それがマーブル紙バンドのスタートでした。

2009~2010年頃はマーブル紙バンドを作っていましたが、現在マーブル紙バンド販売は休止しています。

結局国内数カ所の工場でマーブル紙バンド用の原紙を作り、工夫や学びは沢山ありました。でも何か足りないし、限界も知りました。

顔料墨流し紙バンド

マーブル紙バンド発売後、なんか違うなぁ?と思いながら過ごしました。そして1年後とにかく前へと歩き始めて作ったのが顔料墨流し紙バンドでした。顔料墨流し加工にたどり着くまであっちへ行ったり、こっちへ行ったりを繰り返し、その果てに2011年高知県で人と、珍しい機械との出会いがあったのです。

「出来上がった4色のガンスミを見た時はうれしかったです」

顔料墨流し紙バンドの特徴は①不連続模様と②退色抵抗ですが、じつは隠れた大きな特性がもう一つあります。それは③スムーズな編み具合です。編み感覚が一般的な手芸用紙バンドとは明らかに違うのです。ぜひ編んでいて気持ち良い!という感覚を味わって下さい。気持ち良く編めた結果は、必ず満足作品となって表れるでしょう。

顔料墨流し紙バンドのお買い求めはこちらへ

※顔料墨流し紙バンドは基本的に秋だけの生産です。売切れの場合はご容赦下さい。

ゴクボソ紙バンド

静岡市の老舗紙加工会社さんと4年掛けて作ったゴクボソ紙バンドの話を致します。

顔料墨流し紙バンドが紙バンド手芸のこだわり高級素材として定着して行く一方、創業時に考えた(様々なタイプの手芸用紙バンドを開発する)がよみがえり、まだやれる事があるはず!と思っていました。そして2014年の年末挨拶にお伺いした紙加工会社の社長さんの机の上に(それは)ありました。どこかで見た事がある?いやそんな事は無い?思わずお聞きしました!「えっ 社長これなんですか?」

社長「作って見たんだよ」

そう言えば、社長おっしゃっていたなぁ 「ウチも手芸材料作って見たいよ」ってね・・・・本当に取り組んでいたんだ!元々その紙加工会社さんは、企業向け紙製品がメインでした。社長の机の上に有ったのは、細い糸を6本紙バンド状に並べた紙バンドの「試作品」しかも苦心の後がしのばれるほど大量に!これはイケル!

「社長このサンプル下さい 心当たりの方に感想を貰って来ます」

という事で、大量の試作品をニコニコ抱えて、年末の夕暮れ国道を帰宅していました。来年はこれで行くぞ!ってね。でも世の中そんなに甘い事ないです。明けて2015から2018年初頭まで開発がうまく行かず、もう止めようか?と思ったりしました。でも友人の「これ革の感覚で面白いかも」という言葉に、またエンジンがかかったりしていました。

ゴクボソ紙バンド(単色)のお買い求めはこちらへ

ゴクボソ紙バンド(かすり)のお買い求めはこちらへ

ゴクボソ紙バンド(パール)のお買い求めはこちらへ

ゴクボソブレード

ゴクボソ紙バンドの開発に3年半要しましたが、ペースを掴むと次の扉を開くのは簡単でした。

次の扉とは極細糸を使ってブレードを作る事でした。元々極細糸の扱いに慣れていた紙加工会社さんにはノウハウがあり、ゴクボソ紙バンドの商品発表から1年半後には新しい紙バンドとして、ゴクボソブレードを発売する事が出来たのです。

ゴクボソブレードのお買い求めはこちらへ

ぺったんこ紙バンド

2021年初夏「兎屋」として6番目になる紙バンドが「ぺったんこ紙バンド」です。こちらの開発は主に静岡県の紙加工会社さんが行って来ました。

一見すると単純な加工が予想されますが、じつはこの薄さにするまでが大変で、遠目にいろいろ悩んでいらっしゃるのを見ていました。

過去、様々なタイプの紙バンドを開発する時、まず紙から見直し、加工会社さんと一緒にコツコツ開発する兎屋パターンとは違ったカタチで生まれた「ぺったんこ紙バンド」ですが、むしろお客さんには喜んで貰っています。肩の力を抜いてチャレンジしてみるのもアリだと思いました。ww

ぺったんこ紙バンドのお買い求めはこちらへ

MENU